読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単車で単写

バイクで時々の散歩の記憶

アクサ バイク保険 値上げ

アクサのバイク保険、値上げである。

軽自動車税のほうも、車は新車のみ値上げであったが、バイクは現状の登録車までも1.5倍の高率の増税であった。そこへきて、バイク用任意保険の値上げ。

既存の軽自動車は増税しないということで、新規の軽のみを増税した。その陰で、既存のバイクは、原付までも、知らぬ間にこそっと増税する、規制緩和といいつつ、行政の早業、にくい限りである。

 

ますます、バイクに乗りにくい環境が進む。

日本が世界のマーケットに入り込んだのはバイクとラジオ、ラジカセなど。

今や、バイクも自動車も、世界一といってよい。

が、日本では、クルマもバイクも、若者離れがどんどん、進んでいる。

吾輩は、もう若者ではないが、かろうじて、バイクに乗っている。

 

アクサの説明では、バイクの支払いが多いからとのことである。

が、バイクの自損事故とは限らない。どちらかというと、車に引っ掛けられるケースが多い。

バイク保険にアクサは、その支払い増の道をバイクに担保させる道を、選んだとと推測せざるを得ない。

 

オートバイ乗りの、アクサに対する信頼は高かったのだが。

 

これでは、バイクの維持費が、どんどん上がって維持できない。

これは、年に数回しか使わない保険としては、私には大変ショック。

実際の金額を概略でみると、

昨年 約3万5千円

今年、一等級アップで安くなるかと思いきや、 約4万2千円

 

さっそく、他社の保険も調べてみた

チューリッヒであれば3000kmが選べる。

 

アクサは5000kmが最低の距離。私には、1000km/年でも十分だが。

 

同様な条件で3万円から3万5千円。やはり、安い。

人身傷害を外して、自損事故1500万円にして試算すると、1万チョイ。

 

また、人身傷害をなくして、自損事故1500万円+搭乗者500万円に抑えればチューリッヒでは1万1千円。

 

考えてしまう。

 

車社会は進む。

バイクをやめて、ジムニーや、カプチーノロードスターでも探しに行くか。

・・・・・・