読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単車で単写

バイクで時々の散歩の記憶

森熊林道③接続 林道長源寺線 林道柿平線 群馬秘境駅 安中榛名駅近辺 

林道ツーリング

*1

安中榛名駅の上から、森熊林道に入り、高崎市安中市の間の尾根の上をトコトコと西に進むと、その先はすぐに地蔵峠である。が、途中で進入禁止。

そこで、ピストンは嫌なので谷間の林道を下る。途中に、" 林道長源寺 " がある。進入禁止とあるがが、ゲートはなく入れる。以前、自転車で通過した。しかし、その進入禁止でない入り口を入ったら、結果的に通過できた。

 

今回は、ジェベルで林道探索。

ジェベル125ccは、非力なもののソリッドなトルクで、林道を進む。2STのようにはスポーツ走行はできない。ひたすら下道と峠道を移動する道具である。タイヤもスリックのBW-201でオンロード用である。オンロード用であるが多少のダートも溝が深いので走る。風防とナックルガード、グリップヒーターのおかげで冬でもOK。ワークマンのスノーエリアという手袋もあたたかい。ただ、2STのような排気音がなく、クマとかイノシシに対するアピール、牽制力はひくく、排気音は極めて静かだ。マフラーを変えればよいのだが。

ちなみに50Lの中華タンクは日本酒も横向きで何本も入る。乗っているときは気にならないが、さすがにオフ車としては、見た目は大きすぎる。

f:id:pottering_potarin:20161229142759j:plain

 

 

谷間の道を上から降りてきて、ここを右に曲がる。ここは、秋間川の " こもちはし "。

f:id:pottering_potarin:20161127123414j:plain

右へ曲がり民家を通過すると、林道のT字路に出る。

 

ソーラーがここにも。

林道ツーリング  =  山中太陽光発電設備の見学の旅

f:id:pottering_potarin:20161127125447j:plain

 

ダートはフラット。

f:id:pottering_potarin:20161127125803j:plain

 

名前の通り長源寺に出る。

f:id:pottering_potarin:20161127131336j:plain

 

長源寺のすぐ下から、 " 林道 柿平線 "に接続。

f:id:pottering_potarin:20161229150327j:plain

 

どちらへ行くかは、真ん中の道標では、判定不能。道の太さで左に。

f:id:pottering_potarin:20161229150334j:plain

 

民家があるが、すぐにダートに。ブリヂストンBW-201では、フラットダートでもコーナーは少し恐怖が先に立つ。ズルズル。

f:id:pottering_potarin:20161229150518j:plain

 

という間に、他の林道に接続、わずか1kmあまり。ただし、林道から林道へ。

f:id:pottering_potarin:20161229150829j:plain

 林道柿平線の終点(起点)の黄色看板が立つ。

 

安中榛名駅-森熊林道-谷間に下降-125号線上りづめピストン下降-こもちはしから

長源寺線-林道柿平線(以上18.4km)であるが、短かった柿平線は、その先、別の林道に接続されていた。

 

Yahoo地図で計測すると18.4km(無断借用スミマセン) 計測が早く便利な地図です。

f:id:pottering_potarin:20170101071923j:plain

 国道を買いもので隣町まで移動する18kmは、ただの移動である。しかし、

 

森林の中をトコトコと移動する18kmは、充実した時間である。

 

それでも、興味のない人には、ムダバシリといわれる

また、働く意欲が上がるのだが。

 

*1:続き